借金返済を放置していても、すぐには契約を解除されません。たった1日でも期限に遅れたら、契約違反ですが、小さな契約違反ならば強制的に契約を解除されることはあまりないようです。およそ2ヶ月が経過すると、最後通告のようなハガキが届いて、その期限まで支払わなければ、重大な契約違反があったことを理由に、契約を強制的に解除されてしまいます。

ここで、ブラックリストに載るのは3ヶ月以上の延滞があったときであると言われていますが、正確には61日以上の延滞があったらいつでも強制解約されてしまうリスクがあるので、注意が必要です。90日までは大丈夫だと安心していると、思わぬ損害を被ることがあります。
債務整理にオススメな弁護士の選び方
借金返済を放置していて、強制的に解約されてしまったら、それ以後は借金の利息はかかりません。そのかわりに、遅延損害金がかかります。遅延損害金は金融機関によって異なっていますが、20%となっていることが多いようです。借金が200万円だとしたら、200万円に対して年20%の損害賠償がかかるということになるので、とんでもない金額になってしまうこともあります。

さらに、一括請求されたお金を支払わないでいると、裁判を起こされて、強制的にお金を回収する手段をとられます。具体的には、土地などの資産を差し押さえられます。最も多いのが、給料の差し押さえであり、給料を差し押さえられると会社にも連絡がいくので、バレてしまいます。借金返済を放っておくと大変なことになるので、早い段階で弁護士などに相談をしましょう。