タバコを吸っていると、困るのが歯についてしまうヤニです。吸う頻度が高ければ高いほど、白い歯が茶色になっていく傾向があります。前歯についてしまうと、歯ブラシでは落とすことが出来ないので、口元が気になって手で隠す癖がついてしまうこともあります。
そのようなとき、歯科医院でのヤニ取りを受けると、表面に付いたヤニをきれいに落とすことができ、白い歯を取り戻せます。わざわざ歯科医院に行くのは面倒だと思う人も多いですが、ヤニ取りは歯科医院でしか行うことが出来ません。ヤニ取りに必要な器具が、歯科医院にしかないためです。
ヤニというのは、歯の内部にまで浸透することはありません。ヤニ取りでは、歯の表面に付いたヤニを、歯を削らずにヤニだけを取り除けるように専用のブラシなどで擦って落とします。一度きれいにすると、しばらくきれいな状態が続きますが、予防することはできないので、タバコを吸うことでまたヤニが付いてしまうと、また歯が茶色になってしまいます。
ヤニ取りをしてから歯が白い状態を維持できる期間というのは、吸う頻度などによって個人差が強く出ます。歯科医院に定期的に行くことで、ヤニが目立つ前にヤニ取りをすることができます。歯科医院に行くことで、ヤニ取りだけでなく、虫歯になっていないかなどのチェックもできるので、気になる前に受診するといいでしょう。ヤニで茶色になってしまうと、取り除くのに時間がかかりますが、早目に行くことで治療にかかる時間を減らせます。
ヤニ取り歯磨き粉人気ランキング│今アツイ!!歯を白くする方法とは?はこちら