銀行カードローンとは銀行が直接消費者にお金を貸し出すサービスで、従来は消費者金融の専門分野でしたが、今ではほとんどの銀行が提供しています。銀行カードローンの保証会社は、利用者の審査を行ない、利用者が返済を滞納したときは催促し、もし利用者が返済できなくなったときは代位弁済を行ないます。ですから銀行カードローンとは銀行にとってリスクが小さく、メリットの多い商品と言えます。
銀行は独自に子会社を作っている場合もありますが、消費者金融と契約して保証会社にしているケースが多く見られます。消費者金融にとっては、銀行と提携して経営基盤を安定させ、イメージアップにもなるというメリットがあります。ひとつの銀行が複数の消費者金融と契約していることもあり、また複数の銀行と契約を結んでいる消費者金融もあります。
ひとつの消費者金融が複数の銀行の保証会社になっているときは、銀行が別々でも審査基準は共通する部分が多いと考えられます。ですからAという銀行で審査に通らなかったら、Bという銀行でも落ちる可能性が高いと言えます。ただしカードローン おすすめの審査基準は銀行カードローンとは異なるため、銀行の審査結果には関係なく通る場合があります。
ひとつの銀行が複数の消費者金融と契約している場合は、どちらの審査基準が適用されるかは分かりません。しかし銀行側のリスクは低いので、甘い審査基準のほうが適用されやすいと考えても良いでしょう。